絵本

【3歳におすすめの絵本】おばけのてんぷらで言葉を増やそう!

3歳の子供におすすめの絵本を探しているなら、ぜひ「おばけのてんぷら」を手に取ってみてください。おばけのてんぷらは、3歳の子供が興味を持たずにはいられない楽しい内容になっています。きっと、子供が感じた言葉をたくさん引き出してくれるでしょう。ではこれから、3歳におすすめの絵本「おばけのてんぷら」についてご紹介していきます。

なぜ「おばけのてんぷら」は言葉を増やせる?

自身の育児経験からも、おばけのてんぷらは3歳ぐらいの子供の言葉を増やしてくれるおすすめ絵本であると確信しています。

おしゃべりが少し遅かったの私の子供。「ぽちゃーん」という擬音語がとくに好きで、おばけのてんぷらを読んであげるとよく言葉にしていました。

おばけのてんぷらには、子供の言葉の好奇心を引き出す不思議な力があるのでしょう。私の子供は他にも、「べろべろばー」「それーっ」「がりん」という言葉をよく真似していました。

また、独特の味わいがある貼り絵も子供の興味を強く惹いたようです。主人公のうさこが料理しているてんぷらの材料の「にんじん」「おいも」「たまねぎ」なども、よく指を指しながらおしゃべりしていましたよ。

ちなみに、私の子供は3歳の頃、「おばけのてんぷら」をきっかけに、お惣菜売り場の天ぷらを頻繁に欲しがるようになりました。最も好きだったのは、おいもの天ぷら!

言葉の発達によい影響を与えてくれるおすすめ絵本なので、3歳の子供に何か読んであげたいと思っている方はぜひ読んでみて欲しいです。

おばけのてんぷらのあらすじをご紹介

3歳児におすすめの絵本「おばけのてんぷら」の気になるあらすじをご紹介していきましょう。物語の主人公はうさぎの「うさこ」。黒縁めがねと緑のチェックの服がトレードマークです。

うさこがこねこのお弁当に入っていたてんぷらをつまみぐいするところから物語は始まります。てんぷらの美味しさに感動したうさこ。早速、こねこのおかあさんにお料理の本を借りて、てんぷら作りに取りかかります。

しかし、てんぷらのいいにおいをかぎつけたおばけが、うさこの家に忍び込んできたことから大変なことに…。ここから先は、大人も思わず笑ってしまう奇想天外なストーリー展開になっていきます。

文章は簡潔で少なく貼り絵が多いので、絵本の内容を絵で理解しやすいです。読み聞かせてあげれば、3歳の子供でもぐいぐいと物語の世界観に入り込むことができるでしょう。

作者の「せなけいこ」さんはどんな人?

3歳児におすすめの絵本「おばけのてんぷら」の作者はせなけいこさんといいます。1932年生まれで、学生のときから絵本作家を志しておられたそうです。師事したのは、童画家で有名な武井武雄氏でした。

「いやだいやだの絵本」で37歳のときに絵本作家デビューします。その後はおばけのてんぷらを始めとする多数のベストセラーを産み出していくのです。ちなみに師事していた武井武雄氏から、「サインなしでもその人だとわかる絵を描きなさい」と教えられたのだそう。

確かに独特な貼り絵の表紙を見ただけで、「せなけいこさんの絵本だ」ということがわかりますね。また、おばけを描いた絵本が多いのは、せなけいこさんの息子さんが妖怪に興味を持っていたからだそうです。

子供の言葉の好奇心を引き出す不思議な力が「おばけのてんぷら」に詰まっているヒミツがなんだか伺えてしまいますね。

おばけのてんぷらの対象年齢は?

3歳の子に絵本を読んであげようと思ったとき。または、3歳のお孫さんにおすすめの絵本をプレゼントしようと思ったとき。絵本を購入する側が気になってしまうのは、その絵本がどのような年齢の子供を対象にして描かれているかということですよね。

「おばけのてんぷら」の出版元であるポプラ社のサイトには、3歳、4歳、5歳が対象年齢とあります。そのため、3歳で読み聞かせしてあげるのがベストタイミングといえるでしょう。

「おばけのてんぷら」は3歳児の好奇心を引き出してくれる!

「おばけのてんぷら」は、3歳児の好奇心を引き出してくれる要素がいっぱい詰まったおすすめ絵本です。うさこやこねこ、おばけの気持ちに共感したり、真似してみたくなったりと、さまざまな言葉のスイッチを刺激してくれるはず。3歳児向けの絵本をお探しなら、ベストセラーの「おばけのてんぷら」がおすすめです。

-絵本
-, ,