知育玩具

【5歳の知育玩具おすすめ】くもんの日本地図パズルがコスパ良し!

5歳の子供におすすめの知育玩具は、くもんの日本地図パズルです。パズルは、手や指先の巧緻性をUPさせます。日本地図は、小学4年生から始まる日本の地理や漢字の学習にとても役立つため、コスパ良しの知育玩具といえるでしょう。

これから、くもんの日本地図パズルの特長や遊び方を詳しく解説していきます。5歳向けの知育玩具が気になっている方はぜひ読んでみてください。

くもんの日本地図パズルがコスパ良しの理由

日本地図の学習は、小学4年生頃から始まります。「今は5歳だから、知育玩具といっても小学4年生なんてまだまだ先だよ」と思っていたら、子供の成長はあっという間。実は、意外に日本の47都道府県名を覚えることは時間がかかるのです。

その証拠に、大人になっても都道府県名をすべて言えない人も多いでしょう。かろうじて暗記はしているけれど、漢字で書けないケースもたくさんあるものです。日本の地理の記憶が曖昧だと、小学校に入学してから、社会や国語(漢字)のテストで損をします。

そのため、5歳の知育玩具として日本地図パズルを準備してあげることは学習面で大きなプラスです。学習面だけでなく、「夏休みの家族旅行はどこに行く?」と行き先を相談するときにも、視覚化できてプライベートにも大活躍してくれるでしょう。

ちなみに、くもんの日本地図パズルの定価は3,200円(税込3,520円)。くもんのオンラインショップでの購入なら、税抜き3,000円以上で送料無料になります。少なくとも、小学校の間ずっと使う可能性がある、と考えたらコスパが良いといえるのではないでしょうか。

くもんの日本地図パズルの特長とは?リニューアル前との違いもご紹介

5歳の子供向けにおすすめの知育玩具「くもんの日本地図パズル」。特長は、地方を色別にした基本ピースと1色のみの発展ピースに分かれていることです。

まずは基本ピースからスタートし、子供の学習具合に応じて発展ピースへと移行していくことよいでしょう。ひらがなシールがついているので、漢字が読めない小学校入学前のお子様でも楽しく遊ぶことができます。

くもんの日本地図パズルは、ロングセラーの知育玩具です。リニューアル前との違いは、特産物や名所の地図&世界遺産の地図がつき、より学習に役立つようになったこと。パッケージのデザインや価格も変更されています。

くもんの日本地図パズルは何歳から?

くもんの公式サイトで確認したところ、対象年齢は5歳からとなっています。くもんの日本地図パズルは、ひらがなや漢字が使われています。そのため、文字に興味が出始める5歳からの知育玩具としておすすめです。

幼稚園に入園すると知育玩具が気になってしまいますが、3歳のプレゼントには少し早いかもしれません。47都道府県を正確に再現したピースはひとつひとつが細かいので、お片付けの面から見ても5歳のお子様に適しているといえるでしょう。

ピースを紛失したらどうなるの?口コミも知っておこう

くもんの日本地図パズルは、5歳児の知育玩具としておすすめです。かといって、パズルピースは細かいので紛失が心配になるでしょう。もし、日本地図パズルのピースを紛失した場合は、くもん出版のお客様サポートで対応可能です。

実際にピースを紛失してくもんのお客様サポートに問い合わせた方の口コミでは、「場合によっては無理なこともありますが、ほとんどが無償・有償で対応してもらえる」とのことでした。

くもんの日本地図パズルの遊び方をご紹介

5歳児だと、意外に自分の居住県を知らない子もいます。自分の住んでいる県、おじいちゃんやおばあちゃんの住んでいる県、パパやママの出身県、これまで旅行に行った県などを当てて遊んでみるとよいでしょう。

また、くもんの日本地図パズルには、白地図ポスターがついています。コピーすれば塗り絵として遊べます。まだ5歳になっていない下の子の知育おもちゃとしてもおすすめです。制限時間をつけて日本地図を完成させる遊び方なら、大人も一緒に盛り上がれるでしょう。

長く使えてコスパ抜群!くもんの日本地図パズルがおすすめ

5歳の男の子や女の子向けに知育玩具をお探しなら、くもんの日本地図パズルがおすすめです。兄弟(姉妹)間でもシェアできるので、長く使えてコスパも抜群!親子でのコミュニケーションや学力UPにもぜひつなげてみてください。

-知育玩具
-, , ,