知育玩具

やっぱり買ってよかった!人気の知育玩具をおすすめします

「子どもには知育玩具を与えたい!」というママ・パパたちが増えてきた中、「どんな知育玩具を選んだらいいのかわからない」という人も多いですよね。

そこで今回は……

・知育玩具の選び方
・人気の知育玩具はどんなものなのか
・先輩保護者たちが「買ってよかった!」と絶賛するおすすめの知育おもちゃ

これらの知育玩具の気になるアレコレを、ムコの皆様たちへ詳しくご紹介していきます。

知育玩具ってどんなもの?

知育玩具とは、おもちゃに知育要素が加わったもので、成長の早い幼児期の子どもに与えるおもちゃとしては最適です。

代表的な知育玩具ってどんなものがある?

知育玩具の代表的なものとしては、積み木やパズル、おままごと、粘土など。ほかにも、ことば・かずの概念の習得に役立つものや、リズム感・音感を養うもの、バランス感覚を養う大型玩具など、知育玩具の種類は数多くあります。
知育玩具を通して子どもの興味や関心を広げることや、さまざまなスキルを習得するのにも最適ですので、楽しく遊びながら心と体、脳の成長をサポートすることが期待できるのです。

知育玩具の選び方は?

知育玩具を選ぶときは、子どもの月齢や年齢に合うものを選ぶようにしましょう。
とくに0歳児の赤ちゃんの成長は著しいため、月齢に応じたおもちゃを選ぶことが大切です。

0歳児

赤ちゃんはなんでも口に入れますので、口に入らないサイズのおもちゃであることが大前提です。

・首がすわるまで:寝ながら遊べるプレイジムやガラガラ
・首が座ってから:手遊びできるおもちゃや、柔らかい手触りのボールなど
・ハイハイや立つことができてから:手押し車など

1歳児〜3歳児

子どもは1歳になると歩くことができるようになるため、活動範囲もグンと広がります。

・1歳:脳もどんどん発達しますので、音が出るピアノや木琴、集中力を養うことができる積み木などもおすすめ
・2歳:おままごとセットで楽しく遊べるようになり
・3歳:ハサミで工作にチャレンジできるようになる。粘土で想像力と造形力を鍛えるのもおすすめ

4歳児〜5歳児

子どもは4歳を過ぎると、自分の身の回りのことができるようになります。また、幼稚園やお友達との関係性も芽生えてくるので、急激に成長していきます。

・4歳児:ひらがなや数に興味を持つ時期でもあるので、ことば・かずが学べる知育玩具がおすすめ
・5歳児:小学校入学に向けての準備も兼ねて、コミュニケーションが学べるボードゲームやカードゲームがおすすめ

6歳児〜

子どもは6歳になると、いよいよ小学校での学習生活が始まってきます。学習サポートをしながらも、子どもの自立心を育てていきましょう。また、学校で学ぶ以外の教育であるSTEAM教育ができる知育玩具も話題になっています。

6歳児:地図のパズル、顕微鏡キット、プログラミングトイなど

STEAM教育とは……
科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・アート(Art)・数学(Mathematics)の5つの分野を対象とした理数教育+創造性教育の教育理念のこと。文部科学省でも推奨している教育の一つ。

やっぱり買ってよかった!人気の知育玩具をご紹介します

知育玩具は数多くのメーカーが販売していますが、長く愛され続けている木製の知育玩具がおすすめです。

山のくじら舎の積み木は、皇室御用達の木製玩具としても人気があり、子どもが遊びながら感性を育てていくことができるため、幼児の知育玩具としては最適です。秋篠宮ご夫妻も長男の悠仁親王へのプレゼントに購入されたという木製のベビーそろばんは、視覚・触角・聴覚を刺激する知育玩具。一つ一つのパーツの角はしっかり面取り加工されているため、柔らかな手触りが心地よく、子どもの脳を優しく心地よく刺激してくれるような感覚です。

山のくじら舎では、こちらのベビーそろばんの他にも、積み木・木馬・手押し車などもあるので、年齢に応じておもちゃを選ぶ楽しみもありますよ。

木のおもちゃ 山のくじら舎

知育玩具で楽しく脳を刺激しよう

知育玩具の選び方や大人気の知育玩具についてご紹介しました。知育玩具は、子どもが楽しく遊びながら、脳を刺激することができるということで、子育て世代の人たちから大注目されているアイテムです。
さあ、ムコの皆様たち。子どもにどんな能力を開花させたいのかを考えながら、じっくり知育玩具を選んでみて下さいね。

<参考記事>
木製玩具による遊びと子どもの発達の対応分析
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjske/18/4/18_TJSKE-D-19-00012/_pdf/-char/ja

-知育玩具
-, ,