知育玩具

マグネットのピースで造形あそび!想像力と数学的センスを養う知育玩具「マグ・フォーマー」

マグネットの知育玩具は「作る」「くっつける」「壊す」を簡単に行うことができ、創造する力を身に着けてくれます。

何回も繰り返し遊ぶことができるので一人遊びにもおすすめです。様々な才能を伸ばすことができるので、ひとつ持っておくといいでしょう。

今回はマグネットの知育玩具の中でも特におすすめの「マグ・フォーマー」を紹介します。

マグネットでできた知育玩具「マグ・フォーマー」の魅力

出典:https://ec.bornelund.co.jp/shop/pages/campaign_magformers_strength.aspx#AsobiCate1

マグフォーマーはマグネットが内蔵されたブロックをくっつけて遊ぶことができる知育玩具です。

形の特徴を掴み、立体的に物を捉える力を身につけることができ、海外では学校の授業で取り扱われているところもあります。

一つ一つが大きくシンプルな作りなので3歳の子供でも安心して遊ぶことができます。

【年齢別】「マグ・フォーマー」の遊び方

マグ・フォーマーの対象年齢は3歳以上に設定されています。3歳の子供から5歳の子供のそれぞれの発達段階や、伸びやすい知能について紹介します。

3歳の子供の遊び方

3歳は自ら学びに向かう力が飛躍的に伸びる時期です。この時期の子供には「学ぶ力」を身につけることができるような関わり方が大切になります。
ですから、子供が興味がある遊びを子供がやりたいように遊ばせてあげるようにしましょう。

マグフォーマーは遊び方が自由な玩具ですから、3歳の能力を伸ばすのにぴったりです。最初にマグネットがひっつく様子を見せて、簡単な立体をつくったら、子供の作りたいものを作らせてあげましょう。子供が作っていないピースでパパも隣で作ってあげると刺激になるのでおすすめです。

4歳の子供の遊び方

4歳の子供は手先が器用になり組み立ても自分ひとりでうまく行えます。
豊かな想像力を持ち、三角や四角といった単純な形以外のブロックも使うことができるでしょう。車や恐竜など自分が知っているものを作ったり、空想上の立体を上手に作ります。

作ったものを置いておきたいということも出てくるかもしれません。適宜追加ブロックを買い足して、自由に遊ばせてあげれるといいですね。

5歳の子供の遊び方

5歳になると様々なことを記憶したり、仕組みを理解したりできます。作りたいものを任せるのはもちろんですが、簡単な立体であれば展開図を見せるのもいいでしょう。

立体を理解することができ、数学的なセンスを養うことができます。小学生に上がる前に算数の基礎力を身に着けましょう。

「マグフォーマー」の対象年齢は3歳から!1歳では遊べない?

出典:https://ec.bornelund.co.jp/shop/g/gSO901001/

魅力の多いマグフォーマーですが対象年齢は3歳からになっています。もっと小さいうちから遊ばせたいというパパさんもいらっしゃるかも知れませんね。

そんなパパさんには低年齢向けの「スティック・オー」がおすすめです。「スティック・オー」は1歳半から遊ぶことができる磁石の知育玩具。小さい手でも握りやすく、安全性も高い設計で作られています。

磁石のしくみに初めて触れるのにもぴったりです。まだ指先をうまく使えなくても磁石は近づければピタリとくっつくので、簡単に立体を作ることが出来ます。磁石の動きによって手先を動かすこともできるので、手のトレーニングにもいいでしょう。

まとめ

磁石で遊べる知育玩具「マグフォーマー」を紹介しました。
幼いうちから数学的なセンスを養い、創造力を伸ばすことができるおもちゃです。子供の好奇心を引き出しながら、ぜひ一緒に遊んでみてください。

-知育玩具
-, , , , , , ,