知育玩具

一歳の知育玩具は何を選ぶ?遊び方に着目するのがおすすめ

一歳の知育玩具に何を買おうか迷ったら、子供の遊び方に着目するのがおすすめです。たたく、壊す、引っ張る、投げる、開け閉めするなど、遊んでいるというよりかは「暴れている」ように見えてしまう一歳児。

親はあまりの騒がしさに「こらー、やめなさい!」なんて、ついつい声を荒げてしまう日もあるでしょう。「発達に問題があるのかも?」と心配になってしまう方も少なくはありません。しかし、これでも一歳児は暴れているのではなく、一生懸命遊んでいるのです。

今回は、そんな一歳児の遊び方に着目しながら、おすすめの知育玩具をご紹介します。一歳の子供に何か知育おもちゃを買ってあげたい、プレゼント選びに困っているという方はぜひご参考ください。

「暴れている」のは遊んでいるだけ?一歳児の発達とは

知育玩具を叩く、投げる、転がす、回す、つまむ、引っ張るなど、暴れているようにしか見えない遊び方をする一歳児。男の子の親でも、女の子の親でも、我が子の行動にまったく同じ悩みを抱く時期でしょう。

しかし、このような様子を見て「なぜ暴れているの?」「危ないから、今すぐやめさせないと!」なんて捉えてしまうと、近いうちに育児に詰んでしまいます。

一歳児が暴れているように見えるのは、すべてが発達の過程にあるだけ。子供がどんどん大きくなっていくと、たたいたり投げたりといった乱暴に思える手や腕の動作でも、当たり前の発達ではないと理解できる日がくるでしょう。

言ってしまえば、病気や事故などでさまざまな動作が阻害されてしまうお子様も存在するのです。だからこそ、親が眉をしかめてしまうような一歳児の行動でも、まずは「成長に必要な発達」と捉えるのが大切!

一歳児の知育玩具選びは、叩く、投げる、転がす、つまむ、引っ張るなどの発達を満足させてくれるアイテムを選びましょう。

一歳児の知育玩具は「たのしく知育! やみつきボックス」がぴったり

一見、暴れているかのように見える一歳児におすすめの知育玩具は、「たのしく知育! やみつきボックス」です。大正15年創業のローヤルという日本のおもちゃ会社が製造・販売しています。

Amazonでも、口コミが2,000件を超え、ベストセラーに輝いている人気商品です。「たのしく知育! やみつきボックス」は、本体の6面に20の仕掛けを盛り込んだ一歳児向けの知育玩具。

たたく、つまむ、さわる、上げ下げする、引っ張る、押すなど、全部で35の刺激を遊びから得られるようになっています。メロディが鳴ったり、光ったりもするので、聴覚や視覚の発育も促すことができるでしょう。

おすわりしながら長く遊べる知育玩具なので、外遊びができない雨の日でも、きっと夢中になってくれるはずです。

「たのしく知育! やみつきボックス」は悩みも解消できる

一歳児におすすめの知育玩具は、ローヤルの「たのしく知育! やみつきボックス」です。こちらの知育おもちゃは一歳児の発達を促すだけでなく、同時に叩くといった一歳児の行動の悩みも解消することができます。

いくら必要な発達とはいえ、ところかまわず何でも叩いていいというわけではないでしょう。ママやお友達をバシバシ叩いてしまう、それも大人が怖いと感じてしまうほどであれば、きちんと子供に理解を促すことが大切です。

最初は注意することで癇癪を起こしてしまうかもしれませんが、「叩いてOKなのは叩いて遊べる知育玩具だけ!」としっかり教えてあげましょう。何でも叩いてしまう一歳児でも、繰り返し説明することで、楽しく遊べるようになってくるでしょう。

一歳児の知育玩具は遊び方に着目することで解決!

一歳児の知育玩具選びに迷ったら、子供の遊び方に着目することで解決できます。「なぜそんなことをするの?」という大人が感じる疑問こそが、一歳児の求める遊びです。ローヤルの「たのしく知育! やみつきボックス」で楽しく子育てをしていきましょう。

-知育玩具
-, , ,