知育玩具

子どもに使わせたいおもちゃ「知育玩具」とは?

子どもが楽しく遊びながら、さまざまな成長をサポートすることができる知育玩具は、集中力を高める、創造性が養われるなど嬉しいメリットがたくさんです。
知育玩具は、子どもの年齢にあった適切なおもちゃを与えることがポイント。
そこで今回は、子どもに使わせたい知育玩具の効果や、目的別の知育玩具の選び方について詳しく解説します。

知育玩具と普通のおもちゃの違いって何?

「知育玩具」と普通のおもちゃって、どのように違うの?と疑問に思うムコの皆様もいるでしょう。
実は、普通のおもちゃと知育玩具に、具体的な条件や定義の違いはありません。しかし、知育玩具は「子どもの成長・発達をサポートするために作られている」という目的があります。

知育玩具の目的

・知的な能力を育てる
・知識を習得させる
・子どもの成長をサポート
・情操教育にも良い影響を及ぼす

「知育玩具」は子どもの知的な能力を育てて、知識を習得させることが出来るように作られています。学習教材のようなおもちゃの役割をするものや、子どもの情操教育にも良い影響を与える知育玩具もあるなど、子どもの成長を望む親にとって知育玩具は気になるアイテムですよね。

知育玩具で普通に遊んでいるだけで、知能育成につながるというとても優れたアイテム。子育て中は、楽しく遊びながらも、効率的に知能も育成したいものです。
子どもの心、体、脳を楽しく成長させるためにも、子供へのおもちゃは知育玩具がおすすめです。

子どもの脳を刺激する知育玩具

幼児期の子どもは、脳も体も急激に成長します。その幼児期に、脳を刺激することで、脳の発達に良い影響を与えることが期待されるのですが、知育玩具は脳を刺激するように作られているものが多いです。
さらに、知育玩具は手や指先を使って遊ぶおもちゃが多く、知育玩具で遊びながら指先から神経が発達し、運動能力や言語力を発達させることに繋がります。

色がもたらす知育玩具の効果とは?

知育玩具は、カラフルなものも多く、視覚的にも子どもに良い刺激を与えています。
実は、人間の五感の中でも一番情報量が多いのは「視覚」からの情報です。そして、子どもの成長により知育効果が期待出来るカラーは、明るく色鮮やかなカラー。
だからでしょうか、ベビー用品や子どものおもちゃにはカラフルな色合いのものがたくさんありますよね。

ここを伸ばしたい!目的別の知育玩具の選び方は?

知育玩具を選ぶときは、伸びて欲しい能力に応じた知育玩具を選ぶのもおすすめです。
そこで、伸ばしたい能力別におすすめの知育玩具をご紹介します。

視覚・聴覚・触覚など五感を刺激する知育玩具

五感を刺激するおもちゃは、0歳児さんからも遊べるおもちゃがたくさんです。ガラガラ、モビール、歯固め、紐を引っ張るおもちゃなど、指先を使いながら五感が刺激される知育玩具を選びましょう。

ひらがなや数の学習を促す知育玩具

ひらがなや言葉を増やすのに役立つおもちゃや、数の概念を学ぶ知育玩具は数多くあります。視覚と聴覚を上手に使いながら覚えていくことが出来ると、スムーズに言葉や数の概念をスムーズに会得することが出来るでしょう。

立体や図形の抽象的な理解を高める知育玩具

さまざまな形の概念を覚えるには、実際に見て、触って確認することが大切です。形がわかるとパズルで遊べるようになるため、空間認識能力や論理的思考を身につけていくことにも繋がります。

知育玩具についてのまとめ

幼児期の子どもたちが遊ぶおもちゃの中でも、知育玩具は子どもの心と体、そして脳の発達のサポートになります。
おもちゃで楽しく遊びながら、知育効果が期待出来ると、親子で嬉しいですよね。

ムコの皆様たちも子どもさんに対して、「こんな風に育ってほしい」という願いを持って、子どもさんにピッタリの知育玩具を選んで見てはいかがでしょうか。

<参考資料>
「子どもたちの持続的な未来をつくる」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssds/28/1/28_28_1_15/_pdf/-char/ja
「保育学生に対するプログラミング教材としての知育玩具の活用」
http://www3.nagasaki-joshi.ac.jp/disclosure/article/ar45/ar45-08.pdf

-知育玩具
-,