知育玩具

子ども向け英語知育玩具!英語の世界を広げよう

2020年の学習指導要領の改定によって、小学3年生から英語教育が前倒しになっています。それに伴い、英語学習教室や通信教育など、英語学習はどんどん低年齢化してきています。そんな中、ムコの皆様をはじめ、子どもへの英語教育って何から始めればよいのだろう?と迷っている人も多いのではないでしょうか。

これから先ますます進んでいくグローバル社会を想像すると、家庭でも積極的に英語学習を取り入れていきたいところですよね。
そこで今回は、遊びながら英語に親しんでいくことが出来る、英語の知育玩具についてご紹介します。

英語の勉強を小さい頃からスタートする理由は?

「英語の勉強は幼いうちから初めておくとよい」と言われるように、最近では0歳児からの英語教室も増えてきました。
「まだ日本語もわからない赤ちゃんの時から英語を学ぶの?」
と思うムコの皆様たちも多いでしょう。
しかし、英語の早期教育には、ちゃんとした理由があるのです。

英語を習得するには2,000時間かかる?!

日本人のような、英語を母国語としない人たちが英語を習得するために必要な時間は、およそ2,000時間と言われています。
私たちは、中学校・高校の6年間で英語を学びますが、学校の勉強時間はおよそ1,000時間。
つまり、私たち日本人が英語をマスターするためには、あとの1,000時間の英語学習時間を確保する必要があります。

だとしたら、赤ちゃんの頃から英語学習を始めておくほうが絶対にトクです。

赤ちゃんの脳が柔らかいうちに英語教育を

人間の脳は、3歳までに約8割がた完成するといわれています。その脳の形成段階では、ネイティブの人が話す独特の英語の音やリズムを聞き取れるのですが、脳が形成されてしまったあとは聞き取りにくくなってしまうそう。
だからこそ、子どもが小さいうちから英語を学ばせる必要があるのです。
まだ幼児のうちであれば、ちゃんとした英語を聞き取ることが出来る「英語耳」が育てられます。正しい英語を聞き取ることができれば、正しい発音で喋ることができますので、小さいうちから英語を学ぶメリットはとても大きいのです。

英語の知育玩具ってどんなものがあるの?

英語の知育玩具は、音声が出てくるものが主流です。小さいうちから学べるボタン式のものや、タッチペン式のものなど、形態はさまざまです。

ボタン式で学ぶフォニックスの発音

英語の発音の基本であるアルファベットのフォニックスを学べるアイテムがおすすめです。
アルファベットや英単語、歌、簡単な会話文などをネイティブのうちから聞くことが出来て、簡単な音声ドリルもついているものであれば、効率良く英語耳を養うことが可能です。

カード式

英単語が書かれたカードを専用のリーディングマシンに通すと、単語を綺麗に発音してくれるという知育玩具もあります。
単語のカードは、食べ物や身の回りのものなど、幼児に馴染み深いものが多いため、生活でもすぐに役立ちますよ。

英語脳を育てるのにおすすめ!タッチペン付き英語絵本

音の出る知育絵本としておすすめなのが、タッチペン付きの英語絵本です。タッチペンで絵本をタッチすると、ペンに内蔵されているスピーカーから流暢な英語の音声が流れてきます。視覚と聴覚を使って英語を学習していくことが出来るので、効率良く学べますよ。

おすすめの英語知育玩具

英語の知育玩具は各メーカーから多数販売されていますが、赤ちゃんから使える英語知育玩具のおすすめは、英語の布絵本です。
手触りも良く柔らかな布絵本は、子どもが長く持っていてもストレスを与えません。
さらに、ネイティブの音声が内蔵されているものであれば、赤ちゃんのうちから英語脳を作るのにも役立ちますよ。

子ども向け英語知育玩具についてのまとめ

小学校での英語必須化に備えて、子ども向けの英語の知育玩具はたくさん販売されています。
英語学習のために一番必要なことは、継続することです。ムコの皆様、子どもが長く使える英語の知育玩具をぜひ見つけてあげて下さいね。

<参考記事>
日本人幼児における英語構成音素の知覚と発声
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjep/59/4/59_4_441/_pdf

-知育玩具
-, ,