知育玩具

知育玩具は「英語かるた(くもん)」がおすすめ!その理由がけっこう深刻な件

知育玩具をお探しなら、「英語かるた」がおすすめです。くもんが発売している300の英単語が身につくおもちゃです。なぜ英語かるたがおすすめなのかというと、英語学習の背景にはけっこう深刻な事情が潜んでいるからです。

こちらの記事では、知育玩具に公文の英語かるたをおすすめするけっこう深刻な理由を詳しくご紹介します。お子様に購入する知育玩具はどれにしようか迷っている方はぜひご参考ください。

小学生の英単語は約700語!中学英語は覚えているのが前提で進む

知育玩具に英語かるた(くもん)をおすすめする理由はけっこう深刻です。なぜかというと、公立中学の英語の授業は小学生で学ぶ約700の英単語を「すでに覚えている」という前提でどんどん進んでいくからです。

そして、小学校は英単語のテストにあまり熱心ではありません。小学生のうちに学ぶべき英単語は約700語もあるのに、です。もちろん、英語学習に力を入れている公立小学校もあると思います。

しかし、多くの公立小学校は約700もの英単語を生徒が覚えているかどうかのチェックにはそれほど熱心でないでしょう。私の子供が通う小学校もまさにそうでした。

そのため、中1の英語学習が始まると、早速「be動詞」からつまづいてしまうお子様も少なくはないのです。

部活動の弊害…中学生の3年間はあっという間!

とはいえ、「知育玩具に英語なんてまだ早いよ」と思う親御さんも多いでしょう。中学校生活は3年間あるのだから、そこで英語をゆっくり学べばいいとも思うはず。しかし、中学生の3年間という時間はあっという間に過ぎてしまいます。

それはなぜかというと、部活動があるからです。とくに練習量の多い運動部への入部を予定しているならなおさら。平日の朝練、放課後の練習、土日は練習試合や大会などで英語学習の時間を思ったように取れなくなってしまうでしょう。

そう思えば幼児期から小学校時代のうちに英単語をひとつでも多く学んでおくという姿勢はあながち早すぎるとはいえないものです。知育玩具にくもんの英語かるたを取り入れて、将来、深刻になってしまわないように先取り学習をしていきましょう。

くもんの「英語かるた」とはどんな知育玩具?

くもんの「英語かるた」は、約300の英単語が楽しく覚えられる知育玩具です。小学生で学ぶ英単語は約700語もあるので、英語学習に馴染んでおけると考えるとかなり役立つ知育おもちゃといえるでしょう。

遊び方は、英単語の記載されたかるたを音声ユニットにタッチさせるだけ!その英単語の音声を聞くことができます。当然ではありますが、英単語は読めないと書けないです。英単語を正しく理解するためには、何よりも「聞く力」が必要となります。

くもんの英語かるたは、この「聞く力」を育ててくれるので大変おすすめというわけです。くもんの英語かるたの遊び方には、クイズモードやかるたモードもあり、思い出す力もプラスで鍛えてくれます。

くもんの英語かるたは何歳から?収納は100均が人気!

くもんの英語かるたが気になる方にとっては、「何歳から遊べる知育玩具なの?」という点が気になってくるでしょう。くもんの英語かるたの対象年齢は3歳からとなっています。3歳のお誕生日や幼稚園入園のプレゼントにおすすめといえるでしょう。

ちなみに、くもんの英語かるたは300の英単語が学べるので、カードは300枚はある計算です。そんなにたくさんの枚数があったら、カードの片付けが大変になってくるのは想像に難くないと思われます。

口コミでは、英語かるたのカード収納は100均のケースが人気のようです。英語かるた自体に収納ケースは付属していないようなので、購入を検討されている方はぜひ100均にも立ち寄ってみてください。

知育玩具で早めに英語学習を始めよう!

小学校で学ぶ英単語は約700語、ちなみに中学校で学ぶ英単語は約1800語です。そのため、幼児期の時間を知育玩具を使って英語学習に割いておくことは、将来的にお子様の大きなプラスになるでしょう。お子様の知育玩具選びにお悩みの方は、ぜひくもんの英語かるたをご検討ください。

-知育玩具
-, , , ,