知育玩具

知育玩具メーカーのおすすめ!ボーネルンドをご紹介【日本企業】

「知育玩具メーカーのおすすめが知りたい!」と思うママもたくさんいるでしょう。私のおすすめはボーネルンドです。ボーネルンドは色彩鮮やかなルーピングや積み木、ルーペ、スコープなどの知育おもちゃで有名な企業。

店舗は北海道から九州までと80店舗を超える数で展開されているんです。今回はそんなボーネルンドという知育玩具メーカーについて深堀りしていきたいと思います。ボーネルンドに興味のある方は、ぜひご覧ください。

「ボーネルンド」の由来はデンマーク語から!でも日本企業だった

ボーネルンドの社名の由来は、デンマーク語の「ボーネ(子供)」と「ルンド(森)」が元になっています。日本のおもちゃの概念を変化させたいという願いがボーネルンドの知育玩具メーカーとしての出発点でした。

ボーネルンドが創業した1977年の日本は、売れるために見た目重視のおもちゃが多かったのだとか。「遊び道具は子供の成長に欠かせない」として、成長に役立つという目線でボーネルンドは知育玩具の開発や販売を行っているのだそうです。

ここまで読むとボーネルンドは、ヨーロッパの海外メーカーなのかと思ってしまうでしょう。しかし、実はボーネルンドは日本企業なのです。海外のおもちゃを取り扱っているのは、輸入代理店としての業務にも携わっているから。

海外の知育玩具は魅力的ですが、販売店が限られていて入手しづらいといった点が育児中のママを悩ませるでしょう。しかし、ボーネルンドは日本の知育玩具メーカー。80を超える数の店舗があるので、気軽に足を運びやすくておすすめなのです。

初めてのボーネルンドはルーピング!失敗のない遊びとは

私が始めて購入した知育玩具メーカー・ボーネルンドのアイテムは、画像のようなルーピングです。ルーピングとは、ワイヤーに通された木製ビーズを手で動かして遊ぶおもちゃのこと。ボーネルンドでは、「失敗のない遊び」と説明されています。

確かに幼児期に使うおもちゃのなかには、子供が上手く遊べなくてかんしゃくを起こしてしまったり、泣いてしまったりするケースも。しかし、ルーピングなら決まった遊び方に捉われなくて済みます。

また、ワイヤーと土台のブナ材との接続は強固なので、木製ビーズが外れて誤飲してしまう恐れもなし。子供もママにも失敗がなく、安心できる知育玩具を販売しているから、ボーネルンドはとてもおすすめのメーカーなのです。

ちなみに、ボーネルンドにはルーピングの他にもたくさんの知育玩具があります。磁石の力でさまざまなモチーフを創造できるマグフォーマー、お風呂やお庭での水遊びに使えるアクアプレイなどが人気です。

ボーネルンドの知育玩具は色鮮やか!発達との関係について

知育玩具メーカーのボーネルンドをおすすめする理由には、「鮮やかな色が使われている」というポイントもあります。おもちゃの対象月齢が低いほど、赤・青・緑の三原色がメインカラーのようになっているでしょう。

色鮮やかであるのも、ボーネルンドの狙いです。色の概念の認識を、おもちゃからも促せるようになっています。私たち大人は、当たり前のように色の名前を「ブルー」「ピンク」「グリーン」など認識して伝えることができるでしょう。

しかし、色の認識は幼児期の子供にとっては意外と難しいことなのです。色の概念の獲得は3歳ごろでやっと完成し始め、さらには個人差が激しく目立ちます。つまり、さまざまな色に触れる機会があったほうが色の理解が進みやすいということなのです。

知育玩具メーカー「ボーネルンド」の世界に触れてみよう!

今回は、おすすめの知育玩具メーカー「ボーネルンド」について詳しく深堀りしてみました。ボーネルンドは「遊ばないと子供は成長できない」「おもちゃではなく、あそび道具」と考えている日本企業です。

失敗のない遊びでありながら、発達にもよい影響をもたらしてくれる。そんな知育玩具を提供し続けるボーネルンドの世界にぜひ触れてみてください。きっと、子供と過ごす時間をより充実させることができるようになるでしょう。

-知育玩具
-, ,