知育玩具

0歳児にこそ知育玩具を!モンテッソーリ教育で赤ちゃんの発達をサポート

子どもの教育方法として世界中で支持されている「モンテッソーリ教育」。ビルゲイツや世界の著名人もモンテッソーリ教育を受けていたということで度々話題に上がるため、モンテッソーリ教育のことが気になっている親御さんもたくさんいるでしょう。

そこで今回は、モンテッソーリ教育の特徴や、モンテッソーリ教育の理念に基づいた知育玩具について詳しくご紹介します。

世界中で支持されるモンテッソーリ教育とは?

モンテッソーリ教育は、子どもの才能を最大限に引き出すことをコンセプトとした教育システムのこと。発祥はイタリアの医師であるマリア・モンテッソーリによるもので、今では世界中の幼児教育・子ども教育に取り入れられています。

モンテッソーリ教育の基盤は、子どもの自立を育てること。
なんでも手を出したくなる親にとっては、子どもの自立を見守り育てていくことはちょっと大変だと感じることも多いでしょう。
でも、子どもは自立することで大きく成長し、たくさんの喜びを感じることが出来るのです。

モンテッソーリ教育のポイントとは

モンテッソーリ教育では、次のことを指針として子どもの教育にあたっています。

・子どもは遊びが仕事
・子どもがやりたいことをする
・すぐに答えを教えずに見守ること

モンテッソーリ教育では、「遊び」が「仕事」。子どものすべての遊びは仕事であり、遊びの中から様々な体験をして学ぶという考えです。何かをするときに「子どもに選ばせる」というのも、自主性を育てるためには大切なことですよね。

また、困ったときに親が手を出さずに、見守るというのも、モンテッソーリ教育の大きなポイント。
モンテッソーリ教育は、「子どもが自分で自立して成長していく力」を育てる教育でありながら、親も大きく成長させられていくのですね。

0歳児から遊べるモンテッソーリ教育で使われる知育玩具は?

モンテッソーリ教育で使われているツールである「モンテッソーリ教具」は、知育玩具としても大変支持されているものです。

モンテッソーリ教具は、伸ばしたい能力を引き出すためのサポートをしてくれます。

体全体を使う大きな運動(粗大運動の活動)をサポートするもの、ボタンの付け外しなど日常生活の練習になるもの、言語教育のサポートになるもの、感覚教育を体験から学ぶものなど、さまざまな目的に応じた教具を使いながら、必要な能力を伸ばしていくことを目的としています。

モンテッソーリ教具は0歳から使えるものも多く、赤ちゃんのうちから感性を伸ばしていくのに最適です。

0歳児さん向け!おすすめ知育玩具

ここからは、モンテッソーリ理念に基づいて選ぶ0歳児さんにおすすめの知育玩具をご紹介します。

モビール

まだ0歳児の赤ちゃんは、ベッドの上で寝ていることも多いですよね。そんなときにおすすめなのは、モンテッソーリ教具でもあるモビール。
ベッドの上にモビールを吊るしておくと、赤ちゃんはゆっくりモビールを目で追う「追視」という行為をするようになり、視覚を発達させるのにおすすめです。

ベビーウオーカー(手押し車)

モンテッソーリ教具として、ベビーウォーカー(手押し車)もおすすめです。手押し車は、赤ちゃんがつかまりながら歩くことができるので、歩行訓練にもおすすめです。
最近では、歩行器の移動がスムーズになりますが、根本的な歩く練習にはなっていないのでおすすめしません。

ガラガラ(ラトル)

はいはいやズリバイなどが出来るようになってくると、手に持ったり転がしたりして遊ぶことができるガラガラ(ラトル)がおすすめです。
ガラガラは、目の前で転がるおもちゃに喜んだり、自分で動かして遊んだり、いろいろな遊び方が出来ます。

0歳児にもモンテッソーリ教育を取り入れた知育玩具を

気になる教育方法であるモンテッソーリ教育は、子どもの自立を促す教育方法

で、世界中で取り入れられています。
家庭でモンテッソーリ教育を試みる場合は、0歳児さんにもおすすめのモンテッソーリ教具から始めてみることをおすすめします。
モンテッソーリ教育について深く知りたい人は、関連書籍もたくさん出ていますので、読んでみるのも面白いですよ。

<参考記事>
子どもとモンテッソーリ教具との関わりについて
https://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10898956_po_ART0003295616.pdf?contentNo=1&alternativeNo=

-知育玩具
-, , , ,