絵本

1歳の子供におすすめの絵本はコレ!|選び方・読み聞かせのコツ

「まだ言葉でコミュニケーションを取れない1歳の子供と何をして遊べばいいかわからない」「奥さんがいないと困ってしまう」というムコの皆様には、ぜひ絵本の読み聞かせをおすすめします。

絵本があれば、書いてあるものを読むだけでも一緒に時間を過ごせます。その上、子供の年齢にピッタリのものを選べば、成長を促したり、好奇心を刺激したりすることもできるんです!

今回は1歳の子供に読むための絵本の選び方を解説。そして、おすすめの一冊「だるまさんが」をご紹介します。読み方のポイントもお伝えしますので、ぜひ読み聞かせ参考にしてください。

1歳の子供に読み聞かせる絵本の選び方

1歳の子供は「見る」「聞く」「話をする」ことが上達し、言葉が拙くても意思の疎通ができるようになります。たくさんの言葉を吸収し、自分のものにしていく時期です。

言語の発達は子供によって違いがありますが、1歳半ごろには「まんま」や「パパ」など一語の言葉を話せるようになります。2歳に近づくと「まんま、ほしい」や「パパ、だっこ」などの二語文になっていきます。

言葉の意味を理解し自分のものにしていくために、絵本の読み聞かせがとても効果的です。リズムが良く繰り返しが多い文章の絵本だと、1歳の子供にもわかりやすく楽しめることが出来ます。

また立つ・走るができるようになり手足の発達も著しい時期です。絵本のストーリーに沿って自然と体を動かしたスキンシップが取れるようなものを選ぶことで、遊びにも運動にもなります。

読み聞かせのコツ

1歳の子供に絵本を読み聞かせをするときは、子供の様子を見ながら聞き取れるような速さ、声の大きさで話します。そしてパパの大きな身体を使ってあげるとなおいいでしょう。足の上に座らせてあげて読み聞かせをすると、身体同士のふれあいにもなり安心感を与える事ができます。

また、絵本を順番通りによんでいても、子供が勝手にめくることがあるかもしれません。そのようなときは子供の好奇心や、手先の運動のために必要なことです。禁止するのではなく、子供に任せて開いたページを読みましょう。

1歳の子供におすすめの絵本「だるまさんが」

1歳の子供の言葉の発達や、スキンシップのためにもぴったりの絵本が「だるまさんが」です。
絵本の中身は「だ る ま さ ん が」というページのあとに、様々な動きをするだるまさんが描かれています。

あぐらをかいた足の上に子供を座らせて「だ る ま さ ん が」のページでは左右に揺れてスキンシップをとりましょう。
動きがあるページでは絵本の中のだるまさんと同じ動きをお父さんも一緒に。読み方を普通とは少し変えてみたり、声量を変えてみたりすることで、話すことのおもしろさを感じることが出来ます。

読み方男性だからこそできる身体を使った読み聞かせで、子供の五感を刺激。一緒に遊ぶことで愛情も伝わります。

「だるまさんが」が作られた背景

出典:http://darumasan.bronze.co.jp

この絵本を書いた作家、かがくいひろしさんは教員を勤めながら人形劇活動を行っていた人物です。「だるまさん」はシリーズ物で三部作出版され、累計発行部数552万部というベストセラーになりました。
かがくいさんは、身近なものにスポットライトを当てて面白いと感じたものを絵本にすることをモットーとしているそうです。
かがくいさんの本に登場するだるまさんやおもちは、ハンディキャップのある子どもたちも楽しめるように、リズミカルな動きで描かれています。絵の温かさや、子どもたちの楽しむ様子を大人も感じながら読み聞かせをしましょう。

まとめ

1歳の子供におすすめの絵本「だるまさんが」を紹介しました。1歳向けの絵本はとても多く、言葉が面白い絵本だけでなく、色が鮮やかな絵本、オトマトペがたくさん使われている絵本などたくさんあります。
子供が好きなタイプやムコのみなさんが読みやすいものを選んで、たのしく読み聞かせをしましょう。

参照

「だるまさん」シリーズが大人気!かがくいひろしさんにインタビューしました。,<
https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents_old.asp?id=97>(参照2021-09-05)

-絵本
-,