未分類

2歳の発達におすすめ知育玩具《大人のマネをして自我を育てるままごとセット》お手伝いにも!

自分の意志をハッキリと示すことができるようになる2歳の子供。イヤイヤ期に頭を悩ますことも多くなるでしょう。

ぐっと子供らしくなるこの時期は、おもちゃを使って社会のことを学ぶこともできます。

知育玩具は子供の気分を変えるためにもピッタリのアイテム。子どもの成長や日々の子育てのためにも、発達にあった知育玩具を選んで買ってあげましょう。

2歳児の発達

2歳の子供はダイナミックな動きができるようになる時期です。感情も発達し、表現できるようになります。

  • 運動能力
  • 感覚や知覚

この2つに分けて、発達の目安を見ていきましょう。

運動能力の発達

▽運動能力の発達

  • その場でジャンプする
  • まわりに掴まらず段差を上り下り
  • ボールを上手投げする

全身のバランス能力が伸びてくる時期です。ただ歩くだけではなく、段差も自立して上手に歩けるようになります。
ボールの扱いが上手になるのも、この時期。両手で持つ、落とすだけでなく投げることもできるようになります。

▽細かい作業

  • ものを丸める
  • 手首を器用に使う
  • 握力を調整できる

工作のような細かい作業をして、物を作れるようになります。手首の柔軟性が増して、ねじる動きも上手になります。

感覚や知覚の発達

  • サイズの違いが分かる
  • 大きい順や長い順に並べる
  • 同じ色でグループ分けできる
  • 一緒に遊ぶことを楽しむ
  • ごっこ遊びができる

サイズや物事を比較して並べるということができるようになります。触覚も発達し、目で見なくても触ることで形をたしかめます。
また社会の一員として、家族やお友達と遊べるようになるのもこの頃です。コミュニケーションや自分の役割を、習得し始めます。

2歳に必要な知育玩具

2歳の子供は身体も感覚も発達し、1歳のときよりもレベルアップした遊び方をできるようになります。1歳のころのおもちゃで洗練された遊びをしたり、独創性も出てくる頃です。ぜひ2歳の発想力を刺激するようにいろいろな動きを試せる知育玩具を用意しましょう。

また、社会に仲間入りしたいという精神的な発達もあります。大人の真似事を上手にできるようになるのです。料理やお絵描き、車の操縦など日常生活に模したおもちゃ、体を使った遊びができるような知育玩具を選ぶといいでしょう。

子供が熱中しているときはしっかり見守り、できたという達成感を感じさせることも大切です。傷ついたり、周りのものを壊す危険性がなければ、できるだけ手を出さずに見守るようにしましょう。

2歳の子供におすすめの知育玩具《おままごとセット》

大人の動きを観察して真似ることができるようになる2歳の子供にはおままごとセットがおすすめです。おもちゃの野菜を切ったりくっつけたりすることで、手先を使う事ができます。

また実際のお手伝いをするための練習にもなるでしょう。おままごとセットで上手に遊べるようになったら、お野菜を洗ったり、葉っぱをちぎったりといった簡単な作業を一緒にやってあげるのもいいかもしれません。

舐めてもOK!誤飲防止の基準をクリアした「タンスのゲン」ままごとセット

出典:https://www.tansu-gen.jp/products/65700001

おすすめの玩具がタンスのゲンから発売されているおままごとセットです。

実際のお母さんがつくった知育玩具で、まだまだ玩具を舐めたり強く叩いてしまう子供でも安心して使うことができます。野菜同士をくっつける磁石は、取れないように埋め込まれており、また噛み付いても平気なように水性の塗料が使われています。

身近な野菜や果物を合わせて12種類がセットになっており、名前を覚えるためにもぴったりです。
全てのアイテムが入るできる木箱付きなので、お片付けの練習にも。子供の遊び心と自立心を刺激する知育玩具です。

まとめ

2歳の子供におすすめのままごとセットをご紹介しました。お家遊びや誕生日プレゼントにもおすすめです。時間があるときはお父さんも一緒に遊びに参加して、コミュニケーションを取るようにしましょう!

参考

0歳児から2歳児の発達過程,<
https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/school/document/pre_school/files/curriculum2/15_2_2_sankou.pdf>(参照2021-08-30)
子どもの発達・発育 目安表,<
​https://www.city.ushiku.lg.jp/data/doc/1592780548_doc_51_0.pdf>(参照2021-08-30)

-未分類
-,