知育玩具

3歳児の想像力を高める!知育玩具Gakken「ニューブロック」

子供の知能の発達を促す知育玩具。現代では本当にさまざまなものが世に溢れています。知育玩具を選ぶ際には、年齢にあった商品を見つけることが何より重要です。子供にとって簡単すぎると見向きもせず、難しすぎるとできないと泣き出してしまいます。今回は3歳の子どもを対象とし、知育玩具を選ぶ際の「ポイント」とGakken「ニューブロック」を紹介します。ただし、「平均的な3歳児向け」なので、お子さんの成長や興味に合わせて参考にしていただけたらと思います。

そもそも3歳はどんな時期?

3歳の子どもは、日に日に言葉も増えてきて、かわいい盛りだと言えます。また自分で色々なことをやりたがり、自我が芽生える時期でもあるでしょう。大人がやってしまうと怒り出して「僕がやりたかったのに〜」と泣いたり、もう一度自分でやろうとしたりする子もいると思います。

そんな”3歳”という年頃は、一般的に以下の成長過程にあると考えられています。

想像力が豊かになる

3歳は、想像力が豊かになる大切な時期です。

物語への感情移入をして、自分が登場人物になりきることや、真似事をすることもあるでしょう。男の子であれば、みんなのヒーロー・アンパンマンやカーズなどに興味をもったり、女の子であれば、メルちゃんなどとおままごとに夢中になったりする時期です。我が息子もパパはバイキンマン、ママはドキンちゃん、ぼくはアンパンマン・・・と配役して遊んでいました。

また頭に浮かんだ内容を、絵として表現をすることや、自分で作った簡単な歌を口ずさむ子供が出てくることも、この時期の特徴です。

さまざまな疑問を持つ

3歳児は、頻繁に「あれは何?」や「何で?」と聞いてくることも多いでしょう。なぜかというと、多くの物事に興味を持ち、詳しく知りたいという気持ちが芽生えるからです。

ちなみに、子どもの疑問に対し「アイスだよ」と一言で返すだけではなく、「アイスは冷たくて甘いよ。イチゴやチョコとか、色んな味があるよ」と多くの言葉を付け加えることで、より深い知識を身につけるための準備ができます。

また、ひとつの疑問に対して、大人ができるだけ答えてあげることも重要ですが、「どうしてだろうね、不思議だね。どうしてだと思う?」と反対に子供の持つ答えを聞いてあげることもさらに重要です。子供は自分なりの答えを持っているものです。大人では到底思い付かないような角度の答えを持っていることもあるので、そのような子供の発想を大切にしてあげられると良いですね。そうすることで、より子どもの興味が増し、さらに多くの疑問を持ち、世界を広げるきっかけになるでしょう。

3歳におすすめの知育玩具「Gakken ニューブロック」

「想像力が豊か」で「さまざまな疑問を持つ」成長過程の3歳児におすすめの知育玩具は、「Gakken ニューブローック」です。

Gakkenニューブロックは、さまざまなピースを組み合わせ、無限に遊べることが特徴です。細かなピースを組み合わせるレゴと比べると、完成するものはそれほど本格的ではありませんが、子供がイメージする形などをもっと手軽に簡易的に組み立てられるので、我が家でも重宝しています。ちなみに、我が家はレゴも持っていますが、大人がレゴで消防車を作り、息子がニューブロックで消防車(的なクルマ)を作るというなぞの創作活動を一時期行っておりました。

また、前項で紹介した3歳児の成長過程照らしても以下が言えます。

想像力が膨らむ

Gakkenニューブロックのピースにはそれぞれ形や色があり、繋いだり差し込むことによって、立体的な形を作ることができます。そのため「こうしたら、こんな形ができるのでは?」などと、子どもが想像する力をつけることに役立ちます。「想像力」は他人の気持ちを推し量り、コミュニケーションの円滑さにも繋がることから、想像力を養うことは人間関係をうまく形成するための一歩と考えられています。はじめはクルマやおうちを作り始めますが、そのうち「パパの会社」や「スーパーマーケット」(頻繁に訪れるスーパーなどは子供の印象にも残りやすいのでしょうか)なども作ったりして驚いた経験があります。「こんなものできないかな?」という発想はやはり大事ですね。

ごっこ遊びができる

組み合わせによって、家や車などを作ることができるため、性別を問わずに「ごっこ遊び」ができます。前述の通り、3歳の子どもは想像力が豊かなことから、ヒーローごっこやお姫様ごっこのような、いわゆる「ごっこ遊び」をすることも多いです。「ごっこ遊び」をするには、想像力はもちろんのこと、観察力や記憶力も必要であるため、脳への刺激も多いと言われています。うちの息子の場合、前項で書いた「パパの会社」や「スーパーマーケット」をニューブロックで作ったあとは、レゴの人形(ちょうどニューブロックで作った建物と大きさが合う)をお店の人などに見立てて遊んでいました。「ねえパパ!いらっしゃいませって言って!」などきちんと配役をいただき、一緒に遊んでいます。これも大切な成長過程なのですね。

集中力を養える

「Gakken ニューブロック」は、ブロック一式からさまざまなものを作ることができます。3歳児は、1人でできることも増え、1歳児や2歳児より複雑なこともできるようになるため、ひとつの”作品”を作ることに集中して遊ぶ子どもも多いです。幼少期から何かに集中して取り組むことは、モンテッソーリ教育でも大事なこととされています。自分が想像したものを作るために何度も何度も諦めずにトライしていくことが、自立して自分の力で考える力を養うのでしょうね。

まとめ

今回は、3歳児におすすめの「Gakken ニューブロック」について書かせていただきました。想像力を高め、集中力を養う。これは家庭における幼児教育の永遠のテーマかもしれませんが、「子どもが楽しく遊びながら、知育を行う商品」を使うことで、子供も親もよりハッピーに過ごせることでしょう。


-知育玩具
-, , , ,