知育玩具

6歳の知育玩具に悩む…レゴクラシックアイデアパーツがおすすめ!

6歳の子供への知育玩具選びは難航しやすいです。6歳にもなると、男女ともに遊び道具はゲームやタブレットに流れやすいからです。小学校に入学すると、放課後は誰かの家に集まってゲーム大会になってしまうことも珍しくはないでしょう。

そこでおすすめするのがブロックで工作できる「レゴクラシックアイデアパーツ タイヤセット」です。さまざまなデザインのタイヤや車輪のパーツがたくさん付属しているので、6歳児のアイデアを思う存分かたちに変えてくれるでしょう。

今回は、6歳の子どもへのプレゼントや知育玩具選びに悩む方に向けて、手先の器用さや創造性を高められる「レゴクラシックアイデアパーツ タイヤセット」について詳しくご紹介します。

大人への扉を開き始める6歳児!知育玩具は無難なアイテムが安心

6歳児の知育玩具選びに大人が頭を悩ませるのは、いわゆる幼児向けの「おもちゃ」が似合わなくなってくるからです。実際に、男の子も女の子も6歳になるとゲーム機や親の持っているタブレットを欲しがるようになってくるでしょう。

就寝するときに手放せなかったようなキャラクター玩具にでさえ見向きもしなくなるものです。幼児のお世話が大変すぎて、あれほど「早く大きくなって欲しい」と願っていた大人も、子供の精神的な成長にいざ直面すると戸惑ってしまうでしょう。

とはいえ、これから本格的な学習が始まる子供が昼夜問わず動画やゲーム三昧になってしまうと親としては困ってしまうもの。現実にも小学校入学早々から動画に熱中したり、ゲーム廃人のようになってしまったりといったケースも少なくはありません。

そんな6歳児の知育玩具としておすすめなのが、ブロック遊びができる「レゴクラシックアイデアパーツ タイヤセット」です。幼児向けのブロックはもう持っている、という方も多いでしょう。

しかし、6歳以降の知育玩具選びは、大人になっても使える無難さがキーポイントになります。なぜなら、これからどんどん子供がらみの出費が増えていくからです。

「レゴクラシックアイデアパーツ タイヤセット」とは?何歳から?

「レゴクラシックアイデアパーツ タイヤセット」とは、従来のカラフルなレゴブロックに加えて、さまざまなデザインのタイヤや車輪が付属している知育玩具です。パーツが細かいので、誤飲の恐れがなくなったお子様向けとなっています。

ブロックの取り外しに困らないようにブロックセパレーターもセットになっています。我が家の子供たちもそうだったのですが、6歳頃から急に車や飛行機、自分で考えた謎の乗り物などをブロックで工作することが増えてきました。

発達段階的に創造性や手先の器用さが高まる時期を迎えているのでしょう。「レゴクラシックアイデアパーツ タイヤセット」の対象年齢は、なんと4歳から99歳です。大きくなっても、ゲーム以外の遊ぶ選択肢となってくれるでしょう。

また、6歳の男の子や女の子は、小学校に入学すると流行やお友達の持っているものを欲しがり、親のお財布は子供のおねだりに振り回されていきます。お蔵入りになりにくい知育ブロックなら、経済的で長く使える知育おもちゃとしても活躍するはずです。

ブロック遊びは将来的にレゴ部への参加につながる可能性も!

6歳の男の子や女の子への知育玩具に「レゴクラシックアイデアパーツ タイヤセット」をおすすめする理由は、長く使えて無難だからだけではありません。最近では東大レゴ部を筆頭に、中学や高校、大学の「部活動にレゴ」という選択肢もあるからです。

運動が苦手だったり、学力面への不安だったりで、運動部ではなく活動日の少ない文化部への参加を検討することもあるでしょう。しかし、いざ文化部を検討するとなかなか趣味にマッチするものが見つからなかったりするものです。

そんなとき知育ブロックに馴染んでおくと、お子様にとってひとつの選択肢にもなり得るでしょう。また、ブロック遊びはシンプルに図形や立体といった算数学習においてサポートになるといった効果も期待できておすすめです。

6歳の知育玩具は長く使えて無難なもので選んでいこう!

男の子も女の子も6歳を過ぎると、興味の幅が広がるため知育玩具選びが難しくなってきます。だからこそ、購入するなら大きくなっても長く使える無難なアイテムがおすすめです。6歳の子供への知育玩具選びにお悩みなら、ぜひ「レゴクラシックアイデアパーツ タイヤセット」を検討してみてください。

-知育玩具
-, , ,